旭事務所の工事スタート!! 現状をチラ見せ(^^)!

■旭事務所の工事スタート!! 現状をチラ見せ!(^^)!

【旭事務所の工事スタート!!】

弊社2号店の旭事務所の工事がスタートしました。

青葉事業所と同様、2単位型認知症対応型通所介護です。この2単位型というのがみなさまに説明いたしますと「???」が浮かぶ様子100%です。そのため、どういったものかと解説いたします。認知症対応型通所介護、デイサービスの事業所2店舗、それが1つのテナントでサービスが行われる。そんなイメージです。要は、二つのデイサービスが一つになっているということです。

このような環境が生みだされた理由は、若年性認知症の人の容態の幅と進行の速度が関係しています。

・初期(軽度)の方は、退職して間もない子育てが一段落した状況等であり日常生活には然程影響はないものの、高次な能力を発揮する場面、家事において料理、洗濯、買物等に小さな違和感、うまくできない感じが生じたり、仕事では新しい仕事が覚えられない、滞りなくこなしていると思っても実際は課題が生じしていたりと、影響があります。

・中期(中度)の方は、日常生活のサポートが一部必要な状況で排せつの仕方がわからない、食事が上手く食べられない、洋服が一人では着れない、化粧が上手くできない、ことなどがあります。

・後期(重度)の方は、食べること排せつすることのサポートは必須であり、適切なタイミングでのフォローが欠かせない状態です。

こういった容態の方々が定員12名の認知症対応型通所介護、1つの事業所で混在することは、初期の方にサポートを合わせると、後期の方の能力が発揮されない。後期の方にサポートを合わせると、初期の方が手持無沙汰、能力発揮にいたらない、そんな悪循環の環境となってしまいます。

そこで弊社のコンテュニティサービスでは、どのような容態であっても連続してサービスを受けることができる、環境を整えております。病状の進行の程度も個人差はありますが、発症後5年間で初期の当事者の方であっても、弊社のサービスでいう中期の環境で取り組まれる方が大半です。進行性の病という点で現状を維持することが難しいといえるのではないでしょうか。

しかし、弊社は容態の変化があっても環境を大きく変えることなく、一つの事業所で初期から後期にいたるまでトータルケアが可能なため、メンバー・ご家族のみなさまには安心して活用いただいております。

旭事務所は、部屋のイメージ湧かない状況ですが、写真は相談室や多目的室等の枠組み等を定めている様子です。適宜報告しながら弊社サービスの説明も加えてゆきますので、旭区界隈のみなさま楽しみに更新をお待ちいただけますと幸甚です!(^^)!


〒225-0025 横浜市青葉区鉄町15-5
TEL/FAX : 045-530-5760
E-mail : contact@r-grasp.com

旭事務所
GrASP
タイトルとURLをコピーしました